歩き喰い

 最近浅草に「歩き喰い」の店が増えています。

 「立ち喰い」店なら、まだ上等です。だって、立って食べるスペースが、ちゃんと店の中に確保されていますからね。

 一方「歩き喰い」の店には、食べるスペースが確保されておらず、軒先に椅子が置いてあったりしますが、雨が降れば濡れるような場所、風が吹けば埃をかぶるような場所です。だから「歩き喰い」の店で食べ物を買った客は、ふらふらと街歩きをしながら、食べ物を食べるのです。

 つまりですね、「立ち喰い」店はレッキとした飲食店ですが、「歩き喰い」の店は、そうではありません。似て非なるものです。皆ノ衆、よくよく御承知あってしかるべし、です。

 「歩き喰い」の店は、飲食するスペースの無い店=レッキとした飲食店ではない店ですから、買った人が食べ物を家へ持って帰れるように、キチンとパックすべきですよね。

 でも、そうはなっていませんね、残念ながら。

 見ていると、アツアツの物や冷え冷えの物を、客が即座にかぶりつけるような体裁で手渡しています。要するに、歩き喰いしやすいようなパックの仕方なんです。

 そのキチンとパックされていない物を食べ歩きますから、「歩き喰い」の客の手は、油やクリームでベトベトです。そして、その手で、なんと、次に入った店の品物を触ります(!)

 扇子を、ベトベトの手で触ります(!!)

 蛇の目だって、ベトベトの手で触ります(!!!)

 これは堪りませんね、その店の立場に立ったら。

 それで仲見世商店街は、

 食べものを持ったまま、店に入ることは御遠慮下さい!

としきりと放送しています。日に何度も何度も放送しています。

 でも気の毒ですが、こうした呼びかけでは効果は薄いと思います。

 だって、もう日本人のマナーはどこかへ消え失せていますから!

 「歩き喰い」の店には、保健所が営業許可を、そももそ出さないようにするしかないでしょう。

 末法の世ですな。

 南無観世音菩薩。

  本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて783日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

 

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">