ヤバイすき焼き

 先日、若い友人のA君が店に見えました。A君は業界団体の青年部の、宴会の幹事で、15人ほどの同業の方と一緒に見えました。青年部の宴会らしく、元気で楽しそうな会となり、盛り上がっていることを確認した私は、皆さんがお帰りの時には、安心して、送り出しのため、店の玄関におりました。

  ところが、A君がやがて玄関へ降りてきて、言った言葉は、

「いやあ、住吉さん、ヤバかったです! 「ちんや」さんのすき焼きがこんなにヤバいとは知りませんでした!」

  ? すき焼きがヤバい?

  ここからは「カリスマ受け売り師」として有名な、住吉史彦先生による、受け売りコーナーですが、「やばい」という言葉は、「野生の梅のこと、野に咲く梅のこと、<や・ばい>」ではもちろんなくて、「危険であるの意の隠語<やば・い>」であるハズです、広辞苑によれば。

  しかし、「ヤバかったです!ヤバかったです!」と言っている、A君の表情には、そういう意味は感じとれず、どうも褒めてくれているようです。

 そうか、最近の人は、スゴく良い物を褒める意で、ヤバい、と言うんだっけ。それに違和感があるっていうことは、こっちが年を喰った、っていうことか・・・

  今度、他の店に食べに行った時は、そういう風に褒めてみるか。さしあたって、5/19に、国際観光日本レストラン協会の理事会・食事会が、中華料理の「南国酒家」さんであるから、食事が終わったら、試しにM社長に言ってみよう。

  いやあ、Mさん、ヤバかったですよ、今日の御料理! 殴られるかな?

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,今日のお客様,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 9:36 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

4件のコメント »
  1. 住吉さんこんにちは!先日はお世話になりました。おかげで、業界内の人にとても喜んで頂けて私も嬉しいです。

    ところで、本当にすき焼き美味しかったです。ただ美味しいだけじゃ無くて、なんだかとてもリアリティのある美味しさ。あれは何だろう…と考えていたのですが、昨日の母からの電話で判明しました。

    ちんやさんでお肉買ったから、取りにいらっしゃい。

    あ、成程そうか実家に居た頃偶にちんやさんのお肉食べていたからだ!と。美味しく楽しい一時を本当にありがとうございました。

    Comment by A君 — 2010年5月7日 12:05 PM
  2. 住吉史彦です。「ヤバい話し」をご本人にお断りなく書いたにも関わらず、投稿をお寄せいただき、また加えて、手前どもにとって大変嬉しいお話しをお知らせいただき、ありがとうございます。代々ご利用いただき本当に有り難いことです。お母上様にも、どうぞよろしくお伝え下さい。

    Comment by F.Sumiyoshi — 2010年5月7日 1:18 PM
  3. 先ほど、美味しく頂きました。
    ブログで見た様に、味噌を少し隠し味で入れてみました。美味しかったです;-)

    家庭で出来る美味しいすき焼きのレシピを、是非今度ブログで取り上げてください。

    それにしても、お店で頂いたすき焼きは、美味しかったです。脳が痺れました!ヤバい!!

    Comment by A君 — 2010年5月7日 9:12 PM
  4. 住吉史彦です。たびたびご投稿ありがとうございます。鍋に味噌を入れるのは「有り」です。というか、明治初期には、味噌を入れる店の方が多かったと思われます。このブログの3/3号の通り、今でも横浜末吉町の「太田なわのれん」さんは入れてますし、牛ではありませんが、日本堤の桜鍋の「中江」さんも入れてます。旨いもんですよね。「家庭で出来る美味しいすき焼きのレシピ」は、実はただ今製作中です。いずれご披露申します。

    Comment by F.Sumiyoshi — 2010年5月8日 11:33 AM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">