仙台牛

 弊店で、お嬢様の大学卒業祝をされた御家族がおいででした。地震で卒業式が中止になったので、その代わりなのだとか。

 お気の毒で言葉もありません。今後のご活躍を祈るばかりです。さて、

 最高級の「仙台牛」を仕入れました。宮城県登米市・千葉正憲牧場産、黒毛和種牝牛、個体識別番号:03686-13232です。

 3/23夜から販売を開始します。

 この仙台牛の売り方は「マッチングギフト方式」にしようと思います。マッチングギフトというのは、このプランに参加したお客様からいただいた寄付に、弊店からの寄付を加えて、被災地に贈る方式です。

 例えば、この牛のロースのすき焼きは、実質@14.000円相当ですが、それを20.000円で販売し、その代金の内10.000円を被災地に送金します。つまり、お客様の実質負担は6.000円相当で、ちんやの実質負担が4.000円相当となります。

 このような形で、お客様には浄財をご供出いただき、弊店も利益の一部を供出させていただきます。

 震災以来、弊店が取り組める支援方法は何か、と考えてきましたが、被災地の産品を売るのが、最善と考えました。

 店のスタッフを動員して街頭募金をするか、とも考えましたが、そういう活動は既に多くの方がなさっているようですし、店の営業を止めれば、収益の中から寄付をする、ということが出来なくなります。それで、この方法をとらせていただくことにしました。

 美味しく食べて被災地支援をしていただければ、と思います。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて387日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">