「カリスマ受け売り師・住吉史彦の生涯の半分くらい」六夜連続興業の内の序夜=秀才君の誕生

 日差しがなにやら春めいてきましたが、そんな中、弊ブログは連続更新365日へ向けてカウントダウンに入ります。

 題して、

 ブログ連続更新365日記念スペシャル

「カリスマ受け売り師・住吉史彦の生涯の半分くらい」

 六夜連続興業の内の序夜=秀才君の誕生

 本稿は、おおよそ事実に基づいて再構成したものです。

 歌舞伎台本のように見えるかもしれませんが、違いますので、「成田屋!!」等の掛け声は、辞退させていただきます。さて、それでは序夜を開けさせていただきます・・・

  幼稚園から小学校低学年の、男子児童の社会は競争社会です。勢力のある子は上位のポジションを獲り、失敗した子は下位に甘んじないといけません。元気の良い子や声の大きな子が勢力を得て、上位グループを形成します。一方、その逆の子が下位となります。

 その下位グループに入りそうになったところから、私の人生が始まった、と言って良いと思います。うっかりするとイジメられていたかもしれません。

 そうならなかったのは、子供の気質が今ほど荒んでいなかったからかもしれませんし、あるいは、私の家が「ちんや」を経営している事を知った、上位児童の親御さんが、イジメを抑えこんでいたからかもしれません。

 でも、イジメられなくても、下位は下位です。そのことが悔しかった私は下克上活動を始めました。それは小学校1年には始まっていたと記憶しています。

 速く走ったり、遠くへボールを投げたりすることは不得意だった私ですが、別の体力=一晩中集中して勉強する体力がありました。また、もう一つの別の体力=全く風邪をひかない体力つまり抵抗力もありました。

 風邪をひいて学校を欠席すれば勉強が遅れてしまいますが、私は無遅刻無欠席だっただけではなく、厳寒の真冬でも半ズボンで登校し、それでも全く病気にかかりませんでした。これを、下克上に活かさない手はないですね。

 当事、小学校2年か3年の頃には、既に勉強のできる子とできない子の差がついてきたと思います。今より勉強のペースが速かったからです。当然私はできる子グループ入りしました。

  しかし、できる子グループ入りしたことで満足する私ではありません。目的は下克上ですから、できない子をさらに蹴落とさないといけません。テストは100点を獲るだけでは勝利と言えないのです。

 そのために実行したのが、鉛筆バシン!作戦です。

 テスト開始と同時に、疾風のように回答を済ませ、見直しも済ませた私は、

勢い良く鉛筆をバシン!と机に打ち付け、そして、ふー!と大きな息をつくことにしました。そのバシン!と ふー!が教室中に響くのが恒例でした。

 住吉は、もうできたのか・・・

 これにより、できない子グループが総崩れになるのは勿論ですが、できる子でも、点数を落とした子がいただろうと思います。

 今思えば、申し訳ないことしたものです。

 勉強の結果、慶應中等部に受かったのに、ヒーローという感じではなく、今ひとつ人望が無かったのは、この鉛筆バシン!作戦のせいなのかなと思います。

  私の人生は、こういう状況からスタートしました。私が、人格についてお褒めいただくようになるには、相当先のことです。この365日記念スペシャルは、六夜続きますので、おヒマでしたら、おつきあい願います。

 序夜は、これにて。

追伸

 3/13(日)実施予定の、「ちんや すき焼き通検定」の、受験申込みの受付を、2/16より開始しました。詳しくは、こちらをご覧下さい。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて360日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. ご無沙汰しております。
    (ほぼ)毎日楽しく拝見させていただき、また勉強もさせていただいております。
    明日は中学以降の学生時代の内容でしょうか。同級として、恐ろしくもあり楽しみでもあります。
    あっ「出来ない子」代表としまして一点。
    「出来ない子」は、「えんぴつバシッ」それほど気にしませんよ。なにせ、「出来ない」ことには慣れていますから。
    むしろ焦るのは、もうちょっとで「出来る」グループの方たちです(笑)

    Comment by プロクラいちの劣等生 — 2011年2月23日 8:40 AM
  2. どうも住吉史彦です。あい変わらずお読みいただいて恐縮です。読み飛ばしていただければと・・・

    Comment by F.Sumiyoshi — 2011年2月24日 10:25 AM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">