警察沙汰

またも旧臘のネタで恐縮ですが、小樽市の市長が尻をたたかれて→相手の男を告発する、という滑稽な事件が起きました。報道によりますれば、

「小樽市の森井秀明市長(45)が市庁舎内の廊下で、60代の男性に「もっと謙虚にならなきゃダメだ」と声をかけられお尻を叩かれた。市長は暴力を受けたとして警察に通報、その男性は公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された」

「ネット上では市長に対し「これで逮捕?」「市長はちっさい男だ」といった批判が出た」そうです。

60代の男性は即日釈放されたそうな。まあ、当然でしょう。

さて何故こんな件をここで採り上げるのか、ですが、実は私も似たような経験をしたことがあるのです。

ある冬の夜、食事を済ませて二次会に移動しようと思い、目指す店は駅から遠くて、また気温も冷え込んできたので、私達はタクシーをひろいました。

年配でおしゃべりなドライバーさんでした。

話す内、脈絡は忘れましたが、そのドライバー氏、私の知人が経営する老舗蕎麦店を猛批判し始めたのです。

客が店の批判をするのは、もちろん自由です。が、話す相手が、その会話を喜んでいるか、サービス業の端くれなら、配慮しなければいけないと思います。

私は、その話しが大変不愉快でした。

店を悪し様に罵るのが食通だと思っているのか、あるいは私がその店を庇う発言をするのがお気に召さないのか、そのドライバー氏、どんどん批判のボルテージを上げて行きました。しつこい、しつこい。

この様子では、おそらく店に嫌われて何か注意されたのかもなあ、と私は想像しました。それで逆恨みをしているのかも。

私は心底ウンザリしました。そしてドライバー氏に告げました。

そんな話しは、もうたくさんです。ここで降ろして下さい。降ります!

ここで私は、小樽の60代男性と似た経験をします。

降り際にタイヤを蹴飛ばしたのを咎められ、警察への同行を求められたのです。

この事件(笑)を持ち込まれた、お巡りさんは呆れていました。一応器物が損壊されていないことを確認した上で、気怠そうな声で言いました、

これは事件にはならないですから、後は気分的な問題ですね。それは当事者間で話し合って下さい。

実際大した脚力で蹴ってはいなかったのです。警察へと要求したのは、イヤがらせでしょう。元々そういう心魂の人物だったと思われます。

さて、イヤがらせにはイヤがらせを!と行こうじゃないですか。私はドライバー氏告げました、

運転手さん、事件は終わったようなので仲直りのために、最初の目的地まで、もう一度載せていただきましょうか。ただし無駄なおしゃべりは結構ですので。

この後のドライバー氏の、態度の変わり様は本当に滑稽で、私は内心笑い転げました。

ちっさい男だなあ。小樽市長なみ。

 

追伸

インターネットの『Rettyグルメニュース』「平成生まれがゆく「東京名店物語」」にお採り上げいただきました。

文は平成生まれの山口祐加さん。若い方が老舗店に関心を持って下さるのは、嬉しいですね。是非ご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.876連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">