パリジェンヌと江戸っ子

「東都のれん会」の講演会で、ドラ・トーザンさんの話しを聞いてきた件は、昨日の弊ブログに書きました。「日本とフランスの架け橋」となってきた女性ジャーナリストです。

講演の本題は、日本の四季や食、温泉、相撲など。フランス人と日本人は、世界の中でも文化性に特徴があり、それをもっと観光誘致につなげるべきだというのが大筋でした。

しかし、私が面白かったのは、講演終了後に出た質問=「パリジェンヌ」と「江戸っ子」の件でした。

ドラさん自身は生粋のパリジェンヌですが、パリ生まれでなくても、パリジェンヌに成れるそうです。

それは血統の問題ではかく、生き方の問題なので、外国出身でもパリジェンヌに成れるそうです。

へえ。知りませんでした。

対する「江戸っ子」は、やはり江戸に住んで何代目かが気になってしまいます。

私自身も「江戸っ子だねえ!」などと言われると、血統のことを言われているだけだろうと感じます。正直、たいして嬉しくありません。

褒めたつもりだった貴女、ごめんね。

しかしです、本来「江戸っ子」も、生き方の問題だった筈です。歌舞伎や落語を観れば分かることです。

そうした生き方が今の東京で尊ばれていないから→「江戸っ子」とは血統のことだと思う人が多いのだろうと思います。

軽くモヤモヤして、私は講演会場を後にしました。

追伸

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで視聴可能です。

この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものです。どうぞ、ご覧くださいませ。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.773日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">