秋の夜長の感謝すき焼き

 「ちんや」創業130年記念、おとくな「秋の夜長の感謝月間」というのを開催します。

 期間は9月27日(月)〜11月2日(火)までです。

 内容は、ご昼食メニュー「桜橋セット」(定価:4.300円)を終日(=ご夕食時にも)ご提供させていただく、というものです。

 「昼の浅草は賑わっているのに、夜は寂しいよね」というご指摘をよくうかがいますので、夜の浅草へも是非お出かけいただきたい、と考えて実施いたします。

 もちろん、「桜橋セット」は元々が、ご昼食用の料理内容(←こちらをクリックで内容を表示)なので、すき焼きの部分は本格的なのですが、品数は少なく、座持ちはしないかもしれません。でも「ちんや」でお腹を満足させて、それから夜遊びに向かうには丁度よろしいかと思います。

 そう申しますと、

「その夜遊びするところが浅草には無いんだよ!」と言われてしまいます。

「夜遊びするところが浅草には無い」のではなく、「在るのだが、入りにくい(かもね!)」というのが正確と思います。我々は現に夜浅草で飲んでいるわけでして、飲む店はあるのです。

 でも、そういう店は、たいてい入り口周りの造作や風情が、一見の方を歓迎するように成っていないのです。また店内にいる客が、地元で仕事をしているか住んでいる人ばかりで、その連中の声高な浅草ネタ・トークが、一見の方の居心地を悪くしている、ということはあるかもしれません。

 しかし、逆に言うとそれだけの話しです。

 酔狂な方のトライを期待しています、秋の夜長に。ひひひひ。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。フォローよろしくお願い申し上げます。

Filed under: すき焼きフル・トーク,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">