お彼岸思い出ストーリー

 今年はお彼岸の入りの日が祝日と重なったので、期待していた(もちろん営業的に期待していた)のですが、小雨がパラついてしまい、また蒸し暑く、出鼻をくじかれました。天気には勝てません。

 期待していた理由は、お彼岸は浅草の飲食店にとっては、一大イベント・一大商機だからです。

 浅草の北部や西部に御寺が多く、そこに墓参りに来られるご家族連れが多いのです。墓参りは家族の重要な行事ですから、小さいお子さん・お孫さんも引率していかないといけません。

 そして、小さいお孫さんがお墓にお参りしたら、ご褒美として、やはり、何か美味しい物・普段あまり食べない物を食べさせないといけません。それで、浅草の街が賑わう、という寸法です。

 そういう日に、お客様と話していると

「ちんや」さんには、最初は墓参りの後で、爺さんに連れて来られたんだよ。その爺さんはとっくの昔に墓の中で、親父も8年前に墓に納まって、今は自分が孫を連れて来るようになったよ。」

 というような、ものスゴく有り難い話しをうかがうことがあります。親子孫三世代どころか、通算五世代(!)で来て下さっていることになります。

 でも、そういう話しは口頭でやりとりされるだけで、たぶんどこにも記録されません。

 今年「ちんや」創業130年記念サイトを計画した時、そういう話しを集めて、掲示したいと考えました。でも自分で書いたのでは内輪ネタになってしまうので、投稿していただくことにしました。

 題して「すき焼き思い出ストーリー」

 http://www.sukiomo.com/ (すき思ドットコム)で投稿をお待ちしています。

 あ、「通算五世代」とか、そんな凄いストーリーでなくても、もちろん結構ですよ。

 カノジョに予約をドタキャンされて、独りですき焼き食ったとか・・・

 私はありますよ、独りで鮎のフルコースを食ったこと。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。フォローよろしくお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">