第3回②

国際観光日本レストラン協会の「第3回青年後継者の集い」が開催され、不肖の私がセミナー講師を務めさせていただきました。

「適サシ肉」の話しを聞きたいということでしたので、以下のような内容になりました。長いので8回に分けて公開します。さて、

<以下本文>

住吉です。えー、青年部の代表が331日で終わりまして、4月の関西の集いは物見気分で行けるなあと大変楽しみにしておりました。が、ご覧の通り、こっち側に立っております。トホホですねえ。あ、いや、少し間違えました。ご指名いただきまして、全くもって光栄なことと存じます(笑い)。

今日は最近の私の体験談の中から、皆さんの参考になりそうなことを、2、3お話ししてみようかと思います。途中化学も少し入りますが、それを抜かすと肉の美味しさの話の核心を外してしまうので、どうか我慢していただきたいと思います。

さて、28日のことでした。もちろん驚きました。その日寝坊してモタモタしておりましたら、知人から次々にメールが着信して、YAHOOのヘッドラインにオタクのことが載っているよ!そう言われて初めて分かったんですが、本当に予想外でした。「文春オンライン」の掲載日であることは分かっていましたが、「文春オンライン」は開設されたばかりのサイトで、読者もこれから増やしますという説明だったので、そんなに期待していませんでした。

ところが、その記事がYAHOOのトップページにリンクされたから大変です。店のサイトはダウンし、ブログに30倍のアクセスが来るほどの大反響となりました。コメント欄も凄くて、3.000件以上でした。

嬉しかったのは3.000件のコメントの内15対1で私の「適サシ肉」という考えに賛同する方が多数派でした。これは嬉しいことだと思いました。

それに続いて大小メデイアから取材の申し込みが殺到しました。

日本テレビ「スッキリ!!」、

TBSテレビ「白熱ライブビビット」、

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」、

産経新聞、東京新聞、日刊ゲンダイ、

テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」、

TBSテレビ「ぴったんこカン☆カン」、

読売テレビ「そこまで言って委員会」、

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」、

TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!」、

最後にNHKテレビ「所さん!大変ですよ」とメジャーな番組ばかりです。結局テレビ7回、ラジオ3回、新聞3回、雑誌2回、その他ネットメデイアもありました。

テレビに出たことで、ネットでの拡散にも拍車がかかったようでした。こんな反応もありました=「テレビ拝見しました。素晴らしいコメントで大いに同感です。これからも頑張ってすき焼きを宣伝してください。」大阪市の藤本稔さんです。

撮影の過程で、一部テレビ局の拙速ぶりにはまったく実に閉口しました。

今日、今から撮りに行っても良いですか?!と電話してくるのです。で、放送は、なんと明日。

内容についての深い吟味は勿論あり得ません。一言で申して「速さ競争」の様相でした。だから、内容はごく一部を切り取るだけ。「適サシ肉」も「霜降り肉」の一種で、適度なサシの霜降り肉なんです!と言っているのに、私に「霜降り肉を止めました」と言わせようとするのには、本当に心底閉口しました。

もう一つ困ったのは、一部テレビの局が、同業のすき焼き屋さんに電話して、霜降り守旧派の代表として出演させようとしたことです。「今朝」の藤森さんなどは、住吉さんの言っていることは、君の理解と全然違うよ!とADちゃんに説教してくれました。本当にありがとうございました。ご迷惑をおかけしました。

一番困ったのは・・・

<続きは明日の弊ブログで>

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.610日連続更新を達成しました。

Filed under: すき焼きフル・トーク,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">