ちょい食べ

おかげ様で「適サシ肉」の評判がかなり良いので、この肉を多くの人に知っていただきたいと考えました。

その方法は、名付けて、

「ちょい食べ」。

「ちょい食べ」とは「適サシ肉」すき焼きの有料試食のことです。

10分~12分くらいで食べていただけますから、テレビやネットで話題沸騰の「適サシ肉」を食べてみたいものの、ゆっくり時間が取れない・・という方に最適だと思っています。

浅草観光の時間って、たいてい1時間くらいしか設定されません。その時間内に試食して、これは買って土産にしたい!と思うも良し、次回はちゃんと時間を造って、「適サシ肉」を食べるためだけに浅草に行こう!と思っていただくも良し。

あるいは、今日は時間はあるけど一人なのでハンバーグ定食をとって、それに「ちょい食べ」をプラスし、本格的な「適サシ」んpすき焼きは、こんど家族そろって食べよう!と思うも良し。とにかく、これが入口になれば、と思います。

会場は地下1階のカウンターレストラン「ちんや亭」。試食と言っても、腰かけて食べていただけますし、千住ネギ、卵も付いていて、すき焼き「ちんや」と同じ方法で、肉炊きを致します。

実施曜日は、月・木・金・土曜日。日曜・祝日・祭日は店が混みあいますから。従来の「ちんや亭」のお客様がちゃんと食事をしていただけるよう、「ちょい食べ」はお休みとさせていただきました。ごめんなさい。

具体的に食べていただけるのは、適サシ肉のロースまたは肩1枚(60g程度)です。1枚を2分割し、お二人で食べていただくことも出来ます。(それ以上細かくは分割出来ません。)

もれなく「適サシ肉」を、分かりやすく解説した「小読味」を差し上げます。

是非お試しを。明日16日から実施いたします。提供時間:11時30分~15時00分です。

 

追伸①

今年も「ミシュランガイド東京2017」に載せていただきました。 3年連続掲載です。ありがとうございます。

 

追伸②

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.573日連続更新を達成しました。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">