和食世界化

Sukiyakiや Sushiは世界語だね、と言われます。

最近は、ここにWagyuが加わりました。

たしかに世界語になっていると私も思いますが、日本政府がそう仕向けたわけではなく、自然にそうなっています。

一方、韓国は「韓食世界化」を政府が推進しているそうです。

「韓食世界化」キャンペーンは李明博政権時代(2008─2013年)の2009年に、大統領夫人を名誉会長に政府予算で財団を設立し大々的にスタート。政権の、業績作りの一環だったようです。一時は年間30億円以上も予算がついていたそうな。

しかし政権の肝入りだっただけに、政権が交代すると一気にトーンダウンした模様です。

キムチに力を入れたものの、その輸出先の70%は日本だとかで、そこから国際的な広がりを持たせることは出来ていないようです。

さて他国のことは、この位にして、「和食世界化」の方は、もう一歩先へ行きたいところです。

ただ料理名を知って食べるだけでは「文化」が感じられません。今後は、

Itadaki-mas.

Gochiso-sama-deshita.

を広めたいものだと思っています。

「いただく」とは、いったい何をいただくのか・・・

「馳走」とは、どういう行為のことなのか・・・

・・・知った上で、外人さんが、Gochiso-sama-deshita.と言ってくれたら嬉しいですね。そこまで出来て、ようやく「和食世界化」だと私は思います。

もちろん、この件に政府の旗振りとかは不要です。

普通の皆さん、ご賛同下さいませ。

追伸、

拙著が発売になりました。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

お求めはこちらから。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.247連続更新を達成しました。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">