入り浸る

母校に職員として勤めておいでの方と話していて、

最近三田は学生街って感じがしなくなってきちゃいました・・・

と聞き、少し寂しく思いました。

そう言えば、同窓会に行くと、

○○って喫茶店廃業したらしいよ。

ということが話題に出ます。学生時代に入り浸っていた喫茶店です。だいたい、入り浸る(いりびたる)っていう言葉は今や死語だそうで、最近の学生さんはそういうことをしないそうです。

1980年代には学生は必ず入り浸るもので、所属しているサークルが部室を持っていないと、喫茶店を部室がわりにしていたものです。ゼミの活動も、教室が空いていないと喫茶店でやっていましたが、今は昔。

当時の喫茶店は、あれだけ学生に入り浸られて、どうやって採算をとっていたんでしょう。今考えると不思議です。

時代は遷りかわるのですねえ。

 

追伸

肉の情報ポータルサイト「肉メディア」で、私の連載が始まりました。

題して、「大人のすき焼き教科書」。

弊店でリアルなイベントも企画しています。

こちらから、どうぞ、ご覧下さい。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.102連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">