急用

先日デパートの催事に出店させていただき、精肉の販売を致しました。

会期中「ちんや」のブースの様子を視に行こうと、エレベーターにB1から乗り込みますと、エレベーター嬢にブリブリと文句をつけている男性がいました。

年齢はこちらと同じくらいか、もう少し上でしょうか。何を言っているのかと思いましたら、

急いでいるのにエレベーターがなかなか来ない!

と言っているのです。このデパートは、だいぶ以前からエレベーター1基が地下まで行かないように設定していて、何か都合があるに違いないのですが、それについても文句をつけていました。

悪いことに、その籠には結構乗り合わせた人数が多く、

2階お停めします、4階お停めします、5階もお停めします、6階にもお停めしちゃいます!

となかなか進みません。

その間、男は大きな音で、

ちっ!ちっ!

と舌うちをしていました。大人げないとはこの事です。

私もいい加減イラついて来て、

そこのお兄さん、彼女は彼女の仕事をしてるだけでしょう。

意見があるなら、私にお言いなさい。

ここの社長さんなら面識がありますから、キチンとお伝えして差し上げますよ。

ハッキリお言いなさいよ。

と口まで出かかりましたが、おっとっと、今週は出店させていただいているんだった。業者の立場じゃないですか。客と悶着とか起こせません。

うーん。

そう私が悔しがっていると、男は7階催し場で降りて行きました。

私も7階が会場ですから、EV嬢に、どんまい、どんまいとだけ言って降りました。

さて、私と同じ階で降りた男、いったいどんな急用があるのかと思い、視線で追っていきますと、

ん? ん?! んんん?!

「ちんや」のブースに向かって行くではないですか!

マズイなあ、ウチのスタッフにもイヤな思いをさせる気か!

と凍りつきましたが、結果はウチのお隣りさん。

「ちんや」のすぐ隣に出ている、鰻の「前川」さんで鰻弁当を買って行きました。

う、鰻って、そんなに急いで買うものなのか?死んだ鰻が浮かばれないなあ・・・

これが落語ならオチがあって、野暮な者は懲らしめられますが、この話しはセチ辛い現代のデパートの話しです。

ああ、オチがつきません。

お後がよろしいようで、ごめんなすって。

明日は面白く致します。

 

追伸

『日本のごちそう すき焼き』は、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.918日連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">