翻訳サイト

あのo-mo-te-na-shi!以来なんとも喧しい「おもてなし」。

私のような者も、それについて意見を言って欲しいと求められることがあります。先日開催された、「群馬すき焼きシンポジウム」でも、そういう場面がありました。

困りますねえ。そんなことを語れる者ではないんですよね、私。

それに、だいだい、おもてなしに該当すると私には到底思えないこと~例えば英語の接客マニュアルやメニューを作ること~を「おもてなし」とか言う人が最近多く、それが実に堂々としているので、まったくこちらも混乱して来ています。

そこで!試しに、おもてなしを英語翻訳サイトにかけてみました。ネットでタダで出来る、あれにです。英語の方が分かる場合があるからです。

結果、

おもてなしはEntertainと訳されました。

次に、

もてなしはHospitalityと訳されました。

ほおほお、なかなか上手く訳すではないですか!

もてなしとは、この二つを合体させたもの、つまりEntertain+Hospitalityだと思いますと、私の感覚では「遠からず」という感じが致します。

「お」が付くとEntertainに成るところが奇っ怪ですが、まあ、私が気にいったのだから、理由は詮索せずにさて置きます。

皆さん、

Entertainment性も、Hospitalityも感じさせないものを「おもてなし」と言うのは止めませんか?

多国語表記とかは利便性Convenienceの話しだと思いますよ。

追伸①

年末年始の営業案内です。

年末=11月26日から12月31日まで休まず営業致します。

年始=1月1日のみ休業し、2日から12日まで休まず営業致します。

どうぞ御利用下さい。

追伸②

一冊丸ごと「すき焼き大全」とも申すべき本が出ました。

タイトルは『日本のごちそう すき焼き』。11月19日平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.758日連続更新を達成しました。

 

 

 

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">