最後の晩餐

基本的に映画というものをあまり観ません。時間が無いからです。

ましてや外国映画となると、ほぼ観ないのですが、タイトルが『最後の晩餐』だったので、一応調べてみました。

3月1月よりシネスイッチ銀座ほかで公開される、オ・ギファン監督の、中韓合作映画『最後の晩餐』です。

「初恋の人と結婚目前、彼女から告げられた突然の「5年間の別離契約」。それはお互いの夢を叶えるための、たった5年の別れのはずだった…はたして2人が夢を叶えた再会の時、約束は守れるのか? 大切な人が自分だけのために作ってくれる思い出のスープ。そんな優しいスープが二人の離れていた時間を静かに温めていく。」

という筋だそうで、どうやら、この映画の、最後の晩餐はスープらしいです。

「本作で、二人の想いを象徴的に描いている料理の数々。題名からも表現されているように、“最後の晩餐”が大変重要なキーワードとなっている。最後の晩餐といっても単に、終焉の前の食事ではなく、嫁ぐ前日、家族と別れの日。上京で故郷を離れる前日。大切な人との別れの日などなど…生活の中には、思い出深い“最後の瞬間”がたくさん存在する。その思い出となる“最後の瞬間”大切な人と食す食事はどんなご馳走も敵わない最高の料理になるはずだ。」

・・・ここまでなら、

なーんだ、スープかあ!

で終わりですが、

その後に「著名人が選んだ「最後の晩餐」メニュー」という記事が付いていました。

・陳 建一さん(四川飯店オーナーシェフ)

⇒回鍋肉と白いご飯(「ご飯が大好きで、そのお供としてやっぱりホイコーロー」)

まあ、これは順当でしょう。

・坂井宏行さん(ラ・ロシェルオーナーシェフ)

⇒そばがき(「幼い子供の時に母が良く作ってくれた」)

へええ。

そして!

・萬田久子さん(女優)

⇒白い御飯、塩、日本酒。ぷりんぷりんの玉子。そして すき焼きがあれば天国です。(「大好きだから。」)

ほおお!

萬田さん、すき焼きがお好きでしたか、存じませんでした。

試しに「萬田久子」「すき焼き」でググってみましたが、めぼしい記事には当りませんね。でも、まあ、良いです。

そんなにお好きなら、ウチに来て下されば良いのに!

追伸、

2/24にインターネットラジオ局CROSSWAVE☆SENJUの番組「ビジネスチャンネル~この人に聞きたい」に出演させていただきました。

過去の放送は、こちらのURLで聞けますので、よろしかったら、是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.456日(=満4年)連続更新を達成しました。

毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

Twitterもやっています。アカウントは、こちらです。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">