結婚披露宴

今日、浅草の「どぜう飯田屋」のお嬢さんと、銀座の寿司の名店「久兵衛」のご子息の結婚披露宴があります。美味しく華やかな会になりそうで、今から楽しみです。

さて、よく結婚式で聞くセリフに、

二人で生きると苦しみは半分になり、喜びは倍以上になる、

と申しますが、これは当家には該当しません。

喜びは倍以上ではなく、たいてい半分位になります。

私が喜んでいる日にウチのヨメは大抵御機嫌が悪いですからです。

先日国際観光日本レストラン協会から「協会功労者会長表彰」をいただきましたが、その日も御機嫌が悪く往生しました。

表彰を受けるには協会の総会に出席するため、店を留守にしないといけませんが、そういう日に限って、テレビの撮影が入ったりするからです。

この撮影も「自分が不在だから」といったんお断りしたのですが、「御主人がいなくても何とか出来る」し、タレントさんの都合がこの日しか合わないということで、お請けしました。

撮影があるからと言って普通の営業を休むわけではなく、営業しながらの対応です。

私が外の活動で留守の日に、重要な御客様が見えたりすることもあります。

留守を任されてストレスがかかり⇒御機嫌が悪化⇒喜び合えない~喜びは半分になる、という展開です。

これが当家の日常ですが、そういうタイプの家って浅草には結構あります。

しかしです、これから結婚しようと言う新郎さんに申しますが、こういう場合、その場の感情で、

オレの目出度い日が台無しだ!

と叫んではいけません。

「台無し」は言い過ぎです。あなたが成し遂げた良いことは色褪せないのです。客観的に価値があります。

たしかに当日はコミュニケーションが上手くとれないかもしれません。

留守を守ってくれたことへの感謝の気持ちを言おうとしても、なにしろ機嫌が悪いと上手く行きません。

しかし2~3日たって落ち着いた頃なら、上手く言えるかもしれませんから、新郎さん、是非そうしましょう。

当日は夜の巷に繰り出すことをお勧めします。

夜の姐さん達は無邪気にチヤホヤしてくれますから、こちらも無邪気に楽しめば良いのです。そう、男を褒めそやすことにこそ、あのビジネスの本質的ヴァリューが在ると申せますが、それは今日はさて置きまして話しを戻しますが、

夫婦に感情の行き違いは必ず在ります。

しかし、自分のパートナーに成ってくれそうな女性が目の前にいたら、迷わず球根しましょう、いや、求婚しましょう。

二人で店を守る、そういう夫婦に幸あらんことを。

追伸、

インターネットラジオ局CROSSWAVE☆SENJUに出演します。

2/24(月曜日)14:00~14:50、こちらのURLで法曹です、イヤ、放送です。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.450日連続更新を達成しました。

毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

Twitterもやっています。アカウントは、こちらです。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">