入社4日目で退社したわけ

5月病の季節ですね。
ネットで「入社4日目で退社した新社会人の言い分」という記事を見つけて、なるほど、テレマ電話の向こう側はそうなっていたのか!と、先方の事情が分かりました。
その新社会人が辞めた会社は不動産関連の会社でした。
富裕層に賃貸運営を勧める仕事で、ひたすら「テレマ」をかけます。
「税金を取り戻しませんか」とか営業用の原稿があって、それをひたすら電話で読み上げる仕事を、入社3日目からやらされたとか。
電話をかけても当然すぐ切られ、精神的にどんどんすり減って行ったそうな。で、
「午前中に電話をかけ終えて、昼休みに辞めようと考えました。」
弊社にも毎日テレマの電話がかかって来ます。多いのは、ネット関係、電話料金、インバウンド関連ですかね。不動産も多いです。
予約電話がかかってくる回線めがけてテレマするのですから迷惑千万ですが、そのテレマの声が、この時季、妙にフレッシュです。新人さんなのでしょうか。
そんな仕事を一生懸命やらないで!!
と心の中では思いますが、もちろん、そんな気持ちは押し殺して、相手にしません。
はい、主人(=私のこと)は出張に出ておりまして、戻ったら電話させますから、番号を言っていただけますか?(で、電話はかけない)
今年の新社会人は、小中高を通してゆとり教育を受けた「究極ゆとり世代」で、就職に関する意識が甘く、記事の新人さんは就活に出遅れて、空いている会社をみつけて入ったら、こうなってしまったと書かれていました。
記事は、そのゆとり世代に合わせて「企業に変化が求められている」と結ばれていましたが、果たしてそうでしょうか?
ゆとり世代に合わせる方法とかが問題なのではなくて、
企業の在り方そのものが問題のような気がします。
フレッシュなテレマの声を聞くたびに、
そんな仕事を一生懸命やらないで!!
その会社、今すぐお辞めなさい!!
と言いたくなります。五月病の季節。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.991日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと九日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

訪日客のマナーに悩み

今月のある日、新聞の投稿欄に
「訪日客のマナーに悩み」 
という一文を見つけました。
良く見ると飲食店経営者だという筆者は、浅草で私がよく存じ上げている方です。曰く、
「浅草で飲食店を経営しています。外国人観光客の中には、食べ散らかしたり、1品だけ頼んで3人で分け合ったりなど、私には考えられない行動をする人もいて、頭を悩ませています。」
考えられない行動の、もう一例として
「先日来店した外国人のグループは他の店にしたいと思ったようで、黙って出て行きました。約5分後再び戻ってきたので席に案内しましたが、その10分後何も注文しないまま堂々と店を出て行きました。」
日本人なら、その店に入って食べるかどうかは店の外で相談して決め、それから入店しますが、一部の外国の方は、店に入って、なんと、座ってから相談するのです。
それに慣れない日本の店は、お、お客様だ!応対せねば!と思って、水やおしぼりを出してしまい、それが無駄に終わるので、腹を立ててしまうのです。それが二度で、しかもその態度が「堂々」となればお怒りはご尤もと思います。
この筆者の方は、浅草の中でも、外国人とくに中国人にフレンドリーに接してこられた方です。そういう方でも、こういう憤りを感じておられたとは存じませんでした。
いや、親切に接しようと思っておられる方だからこそ、その分余計に残念に思ってしまったのだろうと思います。新聞に投稿してしまう位だから余程のことですね。
私自身は、このブログやFBに「浅草インバウンドあるある」と題して投稿し、笑いのネタにすることで誤魔化しています。
こういうことは「文化摩擦」と言えば、一言で済んでしまいますが、毎日摩擦している現場は確実に疲弊します。
この一文が、浅草の了見の狭い経営者のボヤキとして読まれないことを希望します。

■ ちんや臨時営業について
平成30年5月1日(火曜、メイデー)
営業時間:12:00~15:00、16:30~21:30(昼・夜席とも営業)
地下1階「ちんや亭」も営業いたします(11:30~15:00)

平成30年5月2日(水曜)
営業時間:12:00~15:00、16:30~21:30(昼・夜席とも営業)
地下1階「ちんや亭」も営業いたします(11:30~15:00) 
どうぞ、ご利用下さいませ。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.983日連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

パクチーブーム

「ちんや」のサイトへどういうキーワード検索で入ってきている人が多いのか、継続的に観察しています。

そこで気づくことは「老舗」が多くはないことです。自店は老舗なりと自認している方も多かろうと思いますが、実は「老舗」は消費者にさほど訴求していないことが分かります。

相撲協会さんの影響かもしれません。ええ、冗談抜きに、「伝統!」「文化!」と声高に言う人に違和感を感じる人が多いのかもしれません。

実際、不可解な商慣行を説明するのに、「伝統なので」「昔からこうなので」と言ってしまう人は多いです。単にそうなった理由を良く分かっていないだけなのに、それを誤魔化すために「伝統なので」と言ってしまうのです。今後は、その伝統が確立された理由までちゃんと分かっていないと世間の理解は得られないと思います。

が、それはさて置きまして、今日は「老舗」があんまり検索されていない件です。

世間は「老舗」をあんまり検索していないというのに、店の側は「創業138年!」から入ろうといます。だから、そこにミスマッチが起きるのです、悲しいですけどね。

もちろん「老舗」が有効な時期もあります。

例えば、春休み。

この時期は、合格祝い、入学祝い、就職祝い、栄転祝いの時期で、今年も多くのお客様に、そういう理由で「ちんや」をお訪ねいただきました。学校の同期生が、そのような理由で3組、同じ日に来てくれたこともありましたが、そういう機会には「老舗」はかなり有効です。

だって、自分が入学祝いをしてもらった店が、次の年になくなっていたら悲しいですからね。継続しそうな店を選ぶのは自然な心理と言えましょう。

おりしも「パクチーブームを牽引した店」が閉店したと聞きます。

パクチーは香味野菜であって、モリモリ食べるものではないと私は思うのですが、そのお店さんは世界初のパクチー料理専門店でした。2007年にオープンして今年閉店ですから、まあ、10年です。

「ブームの店」としては長くおやりなった方だと思いますが、それでも10年です。合格祝い、就職祝いに使う人は少なかったろうと想像します。

だから「老舗」は、やはり有効ではあるのですが、それでも通年では、あまりインパクトがないようです。少し工夫が必要なのだろうな、と考える今日この頃です。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.966連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

見頃

4月の5日か6日のことだったと思いますが、FBのタイムラインに、とある旅館の御主人のボヤキが流れて来ました。

「桜が散ってしまった」という理由で、予約をキャンセルされたらしいのです。

各地の桜関連イベントでも問題が起きたと聞きます。

私は元々見頃の時期の喧騒が嫌いですし、その旅館さんは桜だけでなくジビエ料理も有名なので、アホなことをする人がいるものだと思いましたが、それほど桜に執着している人もいるということなのでしょう。

「ちんや」も、直接桜が見えるわけではないのでダイレクトの影響があるわけではないのですが、繁閑の予測はしないといけないので毎年桜には悩まされます。具体的には、花見の時期の火曜日は営業することに決めていますので、

どの火曜日を開けるか?

が悩ましいです。

以前は、お彼岸から入学式辺りまで全部の火曜を開けていましたが、そうすると当然スタッフの休みが消化しづらいので、「働き方改革」の時代に合いません。

最近では、まずスタッフに火曜の予定を入れないよう言っておいて、開花予報が出てから営業日を決めることにしています。今年の開花は318日でしたので、その直前の15日に27日火曜を開けることに決定しました。

営業決定から当日まで日が短くて、告知の時間が短いのがはなはだ不都合ですが、致し方ありませんでした。

毎年桜には悩まされます。

追伸

先日「東都のれん会」さんのご依頼により、日本橋三越本店でトークショーをさせていただきました。催事『江戸東京味・技めぐり』を盛り上げるためでした。

演題は【意外と知らないお肉の話しー肉選びの目線が変わります】

動画が撮ってありますので、こちらからご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.964連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

傷がつく

ほお、軽井沢町、思い切った態度に出ましたね。実に結構。応援したいと思います。

報道によりますれば、

「6月に民泊が解禁されるのを前に、長野県軽井沢町が通年での町内全面禁止を求めている。」

町内全面禁止~実に結構と思います。

「地元宿泊業への影響や、騒音やトラブルなどが起きれば「軽井沢ブランド」に傷が付くとの懸念がある。規制権限がある県は3月、別荘地などで民泊を制限する条例を制定したが、町は受け入れられないとし、主張は平行線をたどっている。」

「国は、急増する訪日外国人の宿泊の受け皿として民泊を推進。昨年末に示した運用指針で、自治体全域や通年での民泊の規制は「適切ではない」と明示した。」

ところが、です。町に民泊を規制する権限はないのだそうです。

私の地元・台東区は結構早めに民泊規制を始めましたので、どの自治体でも出来ると思いきや、

「民泊は都道府県や政令市、中核市などが条例で独自に規制できるが、町には権限がないため、軽井沢町は県に全面禁止を条例の施行規則に盛り込むよう求めた。県は、民泊を一部制限する条例を制定したが全面禁止には否定的で、町と話し合った上で、今月中に専門委員会で結論を出す。」

別荘地で民泊が始まったら、必ず投機目的の輩が入ってきます。そうしたら最早別荘地ではなくなってしまうでしょう。「ブランドに傷が付く」程度の話しではないと思います。

踏ん張れ、軽井沢。

 

追伸

先日「東都のれん会」さんのご依頼により、日本橋三越本店でトークショーをさせていただきました。催事『江戸東京味・技めぐり』を盛り上げるためでした。

演題は【意外と知らないお肉の話しー肉選びの目線が変わります】

動画が撮ってありますので、こちらからご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.962連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

お金を選ぶか、文化を選ぶか

こういう言いづらいことを言ってのけて、人の恨みを買わないというのは、流石「浅草キッド」です。

ビートたけしさんがTV番組「ビートたけしのTVタックル」の中で、激増している迷惑外国人観光客の問題について、以下のように述べたそうです・・・

「お金を選ぶか、文化を選ぶか、ってことだろうな。目先の観光客いっぱい入れて、あぶく銭もらって、下町やなんかの我々の文化をあまり傷つけられたくないな、って気持ちはかなりあるね。」

「何もオレは国際化ってのが素晴らしいとは思わないしね」

同じ内容を私が言ったら炎上でしょうが、そうならないのは流石です。

この真逆の意見もあります。文化を維持するために、外国人観光客のもたらす金が要る、という意見です。

例えば、イギリス出身で小西美術工藝社社長のデービッド・アトキンソンさんが書いた『新・観光立国論』(2015年)。日本の地方経済は疲弊していて、以前のように地方の文化を維持できないのだから、外国人観光客を受け入れるしか、文化を護る道はないという意見です。

たしかに地方では、「お金を選ぶか、文化を選ぶか」ではないのだろうと思います。

しかし残念ながら、外国人観光客はそう簡単に地方には行かないだろうと私は思います。フランスが人口以上の観光客を受け入れても問題ないのは、他国と地続きで、何方向から入国できるからです。

対する日本は、成田・羽田・関空・中部国際からしか入らないのですから、日本国内をあまねく回遊させるのは、なかなか困難と思います。

浅草の中ですら、回遊しないんですから。

結局有名なスポットに、桜の咲いている場所に、外国人は殺到します。

あの危険な「マリカー」も長蛇の戦隊を組んで雷門通りへと侵入してきます。

受け入れる現場は疲弊します。

一方、外国人専門のような店が開店します。

だから花見の時季の浅草に限って言えば、

「お金を選ぶか、文化を選ぶか、ってことだろうな。」

がリアルな体感に近いと断言できます。

かなり語弊のある発言ですが、

そう、そう!

と頷いてしまう人は多いと思います。

南観世音菩薩。

追伸

先日「東都のれん会」さんのご依頼により、日本橋三越本店でトークショーをさせていただきました。催事『江戸東京味・技めぐり』を盛り上げるためでした。

演題は【意外と知らないお肉の話しー肉選びの目線が変わります】

動画が撮ってありますので、こちらからご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.961連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋,浅草インバウンドあるある — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

暖春

偏西風の流れ方が変わったとかで、記録的な「暖春」となり、今年の花見シーズンはもう終わりです。

浅草は元々お彼岸と花見の時期が忙しいのですが、今年はそれが続けて来たので、「ちんや」は314日から42日まで休まず営業致しました。

頑張ってくれたスタッフには感謝あるのみです。

今後は当分定休日の毎週火曜日を休業させていただきますが、51日だけはGW連休中なので営業致します。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

私自身もチト疲れたな。

さ、飲むか。

じゃなくて、休むか。

追伸

先日「東都のれん会」さんのご依頼により、日本橋三越本店でトークショーをさせていただきました。催事『江戸東京味・技めぐり』を盛り上げるためでした。

演題は【意外と知らないお肉の話しー肉選びの目線が変わります】

動画が撮ってありますので、こちらからご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.957連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

A5ランクのはずが

「ふるさと納税返礼、A5ランクのはずがA4 大阪・枚方」

という記事を全文引用します。呆れ果てたからです。

朝日新聞社の光墨祥吾さんという方が書いた記事で、3/23() 18:41にネット配信されました。さて以下引用ですが、

・大阪府枚方市は323日、市のふるさと納税の返礼品を送る際、最上級とされるA5ランクの黒毛和牛の商品を送らなければならない寄付者に、ランクが下のA4ランクの牛肉を誤って送った、と発表した。

・市などによると、返礼品は、ステーキレストランを展開する「恒づね」(同市)のA5ランクの黒毛和牛2商品。それぞれ3万円、5万円を寄付した人が対象だった。1月に寄付者の男性から商品が「おいしくない」と市に連絡があり、調べたところ、A4ランクの牛肉を送っていた。発送する業者が繁忙期に、別のギフトや商品などと取り違えてしまったとみられる。

・同時期の返礼品の送り先は121人。連絡をした男性以外から指摘はないものの誤送付の可能性があるため、恒づねの負担で本来の商品を全員に再送する。市によると、同社の負担額は約190万円という。(引用終わり)

なんともはや、コメントする気にもなりません。

私が何に呆れたか、弊ブログの読者の皆さんなら分かって下さると思いますので、これ以上書きません。

「ふるさと納税」の現場、推して知るべし。

 

追伸

本日は火曜日ですが、隅田公園の桜が満開ですので営業致します。

地下一階「ちんや亭」も営業致します。どうぞ、ご利用下さいませ。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.950連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

資本主義の精神

大学1年の時ドイツ語の教科書が『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(マックス・ヴェーバー)でした。

欧州・北米・日本にだけ資本主義が発達した理由がわかり、なるほど!と思った記憶があります。

しかし、どうも最近、倫理の無い国にも資本主義が発達するらしい。今のインバウンド客の様子をヴェーバーはどう観るのだろう。

 

追伸

日本橋三越本店の催事『江戸東京味・技めぐり』に出店して、精肉の販売を致します。

会期:3月21日(水・祝)~26日(月)

場所:本館7階催物会場

是非お出かけ下さいまし。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.938連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋,浅草インバウンドあるある — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

民泊条例

35日の「広報たいとう」を見た人は、

お!

っと思ったことと思います。

一面を全部使って、民泊規制条例の説明が載せられていました。台東区は観光区ではありますが、結構きびしい民泊条例を制定したのです。

事業者の責任として、

周辺住民や学校、保育園への周知

苦情には30分以内に対応すること

タバコ、ゴミの適切な処理

などが義務付けられます。

GJ

ただ私が大丈夫かなあ・・・と思うのは、担当が保健所の生活衛生課だという点です。

生活衛生課は食品衛生も担当しています。食べ物に関する苦情が皆この部署に来るのです。浴場や洗濯業も担当しているので、サウナや銭湯の問題も、ここです。

無届民泊はどんどん増えるでしょうし、激増する苦情に対応できるのでしょうか。かなり心配です。

それに民泊は、治安や防火の面でもかなり心配です。

規制体制の強化を熱望します。

追伸

日本橋三越本店の催事『江戸東京味・技めぐり』に出店して、精肉の販売を致します。

会期:3月21日(水・祝)~26日(月)

場所:本館7階催物会場

是非お出かけ下さいまし。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.937連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。