経済動物

肉の業界にいると「経済動物」という単語をよく耳にします。

「牛は経済動物だから・・・」という言い方をします。「産業動物」という言い方もあります。

ウイキペディアによりますと

「産業動物あるいは経済動物は、その飼育が、畜主の経済行為として行われる動物の総称。ただし呼び方としては、家畜・家禽(鶏のみを指す場合)の方がより一般的であり、これに対する名称及び存在が愛玩動物(ペット)である。」

この言葉は法律上の用語でもあり、「産業動物の飼養及び保管に関する基準」という昭和6210月の総理府告示に、その根拠があるそうな。

一般的な言葉である「家畜」を使えば良さそうなものを、わざわざ「経済」と付けるココロは、儲けさせていただく為に飼っているのだ!ということです。「家」が付いていては、なんだか、家族として飼っているみたいですからね。違うんだよということを言うために「家畜」を使わず「経済動物」を使うわけです。

思いまするに、人類は文明を築き、牛達はそういうことを出来ませんでした。

牛さんがいつ生まれ、いつ死ぬのか、どういうDNAを持って生まれて来るのか、その全てが人間の管理下にあります。まさに「生殺与奪の権」を人が握っているわけです。

しかし、です、私が最近考えますことは、牛さんが「美味しく食べられる権」までは奪ってはいけないのではないか?ということです。

人の管理下にある一生だからこそ、食べた人が、

美味しかった!と言う、

笑顔になる、

今日の食事は幸せだったと思う、

明日への活力を貰う、

そういうことにならなくては、牛さんが浮かばれません。「美味しく食べられる権」だけは奪ってはいけないのではないか?と私は思います。

「経済動物」であっても、「美味しく食べられる権」だけは保有すると、地上の憲法に明記できないものでしょうか。

いや、「経済動物」だからこそ、美味しく食べられるように育てないと、食べ手から嫌われて、売れなくなる=経済性が下がると私は思うのです。

牛肉が美味しく食べられるような育て方・流通のさせ方をしないといけません。

「経済」という言葉の名の下に、その他の思考方法をすべて放り出す態度に、私はハッキリとNOを言いたいと思います。

NOと言えるナントカ・・・

ふ、ふっるいなあ。

はい、来月には52歳ですから(笑い)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.817日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ご機嫌モード

不機嫌モードの会議で決まった、真面目な案は

結構キッチリ実行され、一方、

ご機嫌モードの会議で決まった、ご機嫌な案は、

その後ちょっと待てよ、こういう問題点があるよとか誰かが言い出して、結局実行が延期される、

そんな会社さんはありませんか?

問題やトラブルが起きた時に対策を決める会議はもちろんやらねばなりませんし、その会議はご機嫌モードではできません。不機嫌モードで事を決め、急いで実行しないと行けません。

多くの会社さんは、それが得意です。でもそれがキチンと実行出来たとしても、それだけでお客様は楽しんでは下さいませんね。

それとは別にご機嫌モードの会議を開いて、お客様が楽しんでくれるようなプランやお客様がハッピーに成るようなプランをひねり出さねばいけません。そして、そのプランに少々の問題があったとしても、グイグイと実行せねばなりません。

お客様が楽しまねば、売り上げは出来ないから、実行せねばなりません。

それなのに、それが不得意な会社さんが多いように見えます。

ちょっと待てよ!面白がる方が多いとは思うけど、ごく少数そう思わない人がいるかも。だから、そのプランの実行は来月でなくて、少し様子を見ようよ。そういう会社さんはありませんか?

人間は色々だから全員が喜ぶプランなんて、実はないですよ。

様子を見ようよ!という声が勝ってしまう会社さんはありませんか?真面目一方な会社が良い会社とは限りません。

ご機嫌モードの会議を、開いてみませんか?

確かに仕事は増えます。でも皆がご機嫌に成れると思いますよ。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.816日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

檜物町

料理業組合「芽生会」の会合で、八重洲の日本料理店「や満登」さんに行って来ました。

「や満登」さんの初代・成川国太郎氏は、マグロのトロを初めて刺身として提供した人として知られています。

それ以前はマグロの中トロを出す料理屋はなく、中トロは「ねぎま鍋」として職人さんたちの食するメニューでした。しかし国太郎氏は「こんな美味しいところを料理屋で使わないのはおかしい」と感じ、脂っこさを美味しくいただく方法を考案したとか。

それが「や満登づくり」。

中トロの柵取りを幅広くし、大根おろしとわさびを挟んで食べさせる方法で、これが元祖トロの刺身なのだそうです。

それが今回は丼ぶりにのって出てきました。実に結構でした。

ところで「や満登」さんのご創業は明治35年。

この地で開業したのは、明治末から大正の頃、現在の八重洲一丁目界隈に日本橋花柳界ができたからです。

この地の芸者衆は「檜物町芸者」と呼ばれました。江戸時代に家康が江戸城のまわりに武家屋敷を建てる際、尾張から宮大工を集めて住まわせましたが、大工は檜を扱う仕事であることから、大工が住む、この一帯が「檜物町」と名付けられたそうです。で、「檜物町芸者」。

全盛期に芸者衆は500名以上いたとかで、特に新派の俳優さん達が贔屓したそうな。

残念ながら、現在の街並みからは檜の木の名残も、花柳界の名残も感じることはできず、「や満登」さんがなければ、「檜物町芸者」のことは忘れ去られたことでしょう。

「や満登」さんは、会社経営経験のあるお嫁さんを迎え、環境に合わせて4年前にリニューアルなさいました。「ザ料亭」な店構えを今日風にと大胆に変えて残り、ご繁盛です。

料理屋は、街の歴史の証人なのだ、その為にはチェンジも必要なのだと改めて感じさせてくれた食事でした。ご馳走様でした。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.815日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

グーグル

お客様からの電話

ヤフーでググってオタクを見つけたんですけど・・・

ほお、そうでしたか。では、

次回はグーグルでヤフってみてはいかがでしょう。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.812日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

63分

秋の3連休の浅草。

その日もインバウンド客の御遅刻63分なり。

慣れろと言われても慣れられないですねえ。

ホテルのコンシェルジュさんは、間に入って料理屋に謝らねばならず、お気の毒。

「予約時間を守れないお客様には、料理店を紹介致しかねます」とデスクに掲示した方が良いと思うんだけど。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.811日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

山火事

元薩摩藩士・長沢鼎(ながさわ・かなえ)がカリフォルニアに創設した「パラダイスリッジ・ワイナリー」が今回の山火事で大きな被害を蒙ったそうです。

CNNによりますれば、

「大規模な原野火災が続く米カリフォルニア州北部でワイン産地として知られるサンタローザのワイン醸造所が被害を受け、漏れ出した赤ワインが地面下の熱で煮えたぎりながら丘陵部を流れる異様な光景が出現した。」

「パラダイスリッジ・ワイナリーの経営者はCNNの取材に、敷地内は完全に破壊され、既に摘み取ったぶどうの全てを失ったと嘆いた。ただ、落胆せず小さな試飲施設を建設し、将来の事業再建をにらむ取り組みも始めた。」

・・・と報じられています。

長沢鼎は、弊ブログの517号に書きましたが1852年生まれ、1934年没。

13歳の時に薩摩藩の藩命でイギリスに留学し、後にカリフォルニアに渡り「カリフォルニアのワイン王」「葡萄王」「バロン・ナガサワ」と呼ばれようにまでなった方です。

イギリスからアメリカに渡ったのは、キリスト教系新興宗教「新生兄弟社」に入って、信者らと共同生活を送るためで、ワインを始めたのも教団の経営のためでした。薩摩であることに加えて、宗教的信念が強烈、83歳で亡くなるまで生涯独身、と聞けば強情な人物を想像しますが、そんな長澤には商才がありました。

ワインの品質を上げ、米国内のワインコンクールで好成績を納めました。フランスに特約店を設け、イギリスに輸出された最初のカリフォルニアワインも長澤ワインでした。ワイナリーは広大な広さに成長しました。

しかし長澤が亡くなる少し前より、アメリカの世論は排日に傾きます。長澤の財産やワイナリーは排日土地法のため相続できず他人の手に渡り、彼の名もまた、1983年にレーガン大統領が日米交流のシンボルとして演説で採り上げるまで、忘れ去られてしまいました。

その長澤のワイナリーの一部が「パラダイスリッジ・ワイナリー」として、現在まで継承されてきたのですが、そこが今回被害に遭った模様です。

お気の毒なことです。現代のアメリカでこんなことが起きるとは信じられません。

心よりお見舞い申し上げます。

 

追伸①

雑誌「Hanako1144号(20171019日刊行)に載せていただきました。

お採り上げいただき、ありがとうございます。

皆様、ご購読下さいませ。

 

追伸②

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで視聴可能です。

この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものです。どうぞ、ご覧くださいませ。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.792日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

分かりました。

予約を承る→その方をお迎えする

ということを、かれこれ20年やっています。

20年も繰り返していると、自然と、話し方から人物像を想像できるようになります。

 「分かりました」の「わ」に必要以上の過剰なアクセントを付けて、

「わっーっかりました!」とおっしゃる方は、警戒して、細めに確認をするようにしています。

分かっておられないことがあるからです(笑い)

 

追伸

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで視聴可能です。

*この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものです。どうぞ、ご覧くださいませ。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.778日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

録音

とあるカード会社の予約デスクさんが、予約するに当たって会話を録音なさると言う。

ドタキャンとか、ノーショーとか、問題行動のほとんどは予約する側が引き起こすのが実情で、予約される側が問題を起こすのはまれです。であるのに、そっちの側が録音とか、まったくもって無礼な話しだ!

と思いましたが、上記のようなトラブルの際に、責任を認めて賠償して下さるのであれば、録音も悪くはないのかなあとも思えます。

あ、いや、いや、ドタキャンも、ノーショーもカード会社がやるわけではないから、そこは責任取ってくれないのかな。

じゃあ、やっぱりイヤだな。

この狼藉者め。

この印籠が目に入らぬか。

追伸

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで視聴可能です。

この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものです。どうぞ、ご覧くださいませ。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.775日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

パリジェンヌと江戸っ子

「東都のれん会」の講演会で、ドラ・トーザンさんの話しを聞いてきた件は、昨日の弊ブログに書きました。「日本とフランスの架け橋」となってきた女性ジャーナリストです。

講演の本題は、日本の四季や食、温泉、相撲など。フランス人と日本人は、世界の中でも文化性に特徴があり、それをもっと観光誘致につなげるべきだというのが大筋でした。

しかし、私が面白かったのは、講演終了後に出た質問=「パリジェンヌ」と「江戸っ子」の件でした。

ドラさん自身は生粋のパリジェンヌですが、パリ生まれでなくても、パリジェンヌに成れるそうです。

それは血統の問題ではかく、生き方の問題なので、外国出身でもパリジェンヌに成れるそうです。

へえ。知りませんでした。

対する「江戸っ子」は、やはり江戸に住んで何代目かが気になってしまいます。

私自身も「江戸っ子だねえ!」などと言われると、血統のことを言われているだけだろうと感じます。正直、たいして嬉しくありません。

褒めたつもりだった貴女、ごめんね。

しかしです、本来「江戸っ子」も、生き方の問題だった筈です。歌舞伎や落語を観れば分かることです。

そうした生き方が今の東京で尊ばれていないから→「江戸っ子」とは血統のことだと思う人が多いのだろうと思います。

軽くモヤモヤして、私は講演会場を後にしました。

追伸

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで視聴可能です。

この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものです。どうぞ、ご覧くださいませ。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.773日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

パリジェンヌ

「東都のれん会」の講演会で、ドラ・トーザンさんの話しを聞いてきました。

ドラさんは生粋のパリジェンヌ。神楽坂在住の国際ジャーナリストです。

NHKテレビ「フランス語会話」出演をきっかけにして来日、「日本とフランスの架け橋」となったことで、2015年にフランス政府よりレジオンドヌール勲章シュバリエを受章しておられます。

講演の演題は、フランス人だから分かる「日本のここがすごい」でした。

ご自分が大好きな日本の四季や食、温泉、相撲を語り、フランス人と日本人は、世界の中でも文化性に特徴があり、それをもっと観光誘致につなげるべきだというのが大筋でした。

対するアメリカ人は新しさと経済ばかりを追い求める人達。

うーん、日本人も最近は、そんな感じですけど・・・と思わず言いたくなりましたが、止めました。

度胸ないもんですから、美人の前では。

 

追伸

930() 午前10時放送のBS-TBS『サタデードキュメント』に出演させていただきます。どうぞ、ご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.772日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)