接待事件

文科省前国際統括官のカワバタさんという人が接待で逮捕されました。
その額、140万円なり。
以前の接待事件に比べると、かなり迫力が乏しいですな。
報道によりますれば、
「東京都内の焼き鳥店や居酒屋のほか、銀座の高級クラブなど数十回にわたり接待を受けたとされる。捜査関係者は「金額や回数からみて個人的な付き合いの範囲を超えている」と起訴に自信を見せる。」
カワバタさんが接待を受けたのはJAXA理事に出向中の平成27年8月~29年3月まで。
と、いうことは、「数十回」を仮に50回としますと、
頻度は、20か月に50回ですから、月平均2.5回で、多いと言えば多いですが、その位の頻度で銀座に行く人はたまにいるかと。
権限の範囲プラス「金額や回数」で悪質かを判断して、それで立件の可否を決めるらしいんですが、ファジーですなあ。
銀座の皆さん、ご安全に。

追伸
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

追伸➁
夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。本日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
肉の食べくらべレストラン「ちんや亭」(地下一階)は昼だけ営業致します。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.090日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

拒絶

弁理士の先生から、
住吉さん、一つ、危ないことを見つけました。
と連絡がありました。
「危ない」とは、正確には「危なかった」ですが、商標に関してです。商標「適サシ肉」について、弊社が出願してから1カ月後にL社という会社が同じ商標を出願して、特許庁から拒絶された形跡があるというのです。
「適サシ肉」が商標と気づかずに、一般名詞だと思って使ってしまった・・・
というのなら話しは分かります。現にそういう会社さんがありましたし、弊社は、そういう会社さんであっても、こちらへ相談をして下さって、弊社と同じ規格で肉を仕入れて下さるというのなら、「適サシ肉」を使っていただいても構わないと思っています。
しかし、L社さんは違います。
弊社さえも使えないようにしてしまえ、ということなんですよね、これは。
あるいは弊社が困り果てて、和解金を支払うことを期待しているのか。
「適サシ肉」の張本人が私だということは、昨年の2月から夏頃までネットやテレビで繰り返し拡散されていましたから、必ず気づいていたはずです。その張本人が使えないようにしよう!というのですから、誤って使った人とは、発想がまったく違います。
皆さん、現代日本にこういう業者さんがいるんですよ。お気をつけを。
ちょっと恐ろしくなる話しでした。
南観世音菩薩。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

追伸➁
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.087日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

勧誘

ある暑い日、雷門の横を歩いていたら、人力車の兄ちゃんに、
Excuse me!
と勧誘されました。
いやいや、御免こうむりたい。通行妨害は止めてもらえませんか、ね。
それにしても私が観光客に見えるとは、猛暑だからかねえ。
熱中症で倒れる前に休憩なさったら?

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.086日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インバウンドあるある — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

順延

台風が来て花火が順延になった日のこと。
結構激しく降ったので、スタッフの帰路が心配だし、自分も今日はサボりたいし、よし、新規ご入店の受付は19:30で〆め切ろう!と思っていたら、その1分前にフリーで入って見えたお客様が。
んんんー!
そのタイミングで来るかあっ!
しかし聞けば、
花火を見ようと浅草へ来たが、延期となり、明日の夜まではいられないので、やむを得ず、何かうまいものを・・・
とウチへ入っていらしたらしい。
そうだったんですねえ。
んんんーと思ってスミマセンでした。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.075日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

冷房

お暑うございます。
歴史的猛暑とかで冷房のお世話になる他ありませんが、私はどうも苦手です。
私は冷房があまり好きでなくて、特にキンキンに冷えた電車が苦手です。電車に乗り込む時の、35℃→20℃という温度変化に喉が対応できないのです。
電車に強力な冷房が要る理由はわかっています。長時間走行して、ドアが頻繁に開閉するのですから、よほど高性能の冷房でないと、室内を涼しく保てません。
その強力な冷房に、どうも私の喉が対応できないので、「弱冷房車」を探して乗るのですが、あれって、今度はどうも暑いですよねえ。塩梅良いのはないんでしょうか。
あ、そうそう、ここでお詫びですが、弊店には、そこまで高性能の冷房がないため、真夏に大勢様で宴会をすると、暑い場合がございます。あらかじめ、お詫び申し上げます。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.069日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

犬を売らないペットショップ

たまたまネットで発見したのですが、とても感心してしまいました。
今弊社は精肉売店の「在り方」を再検討しているところなのですが、その際に参考にしたいと思います。
さて、私が感心したと申しますのは、
「犬を売らないペットショップ」=岡山市にあるペットショップ「シュシュ(chou chou)」さんです。
犬(の生体)の販売は2015年から行っていないそうです。
そのお店に行くと販売していないはずの犬がいるのですが、それは「里親探し」中の犬たちです。
岡山県や岡山市、倉敷市の動物愛護センターや保健所に持ち込まれて→殺処分を待っている犬を引き取って、「里親探し」をしているのです。
引き取り希望者が現れれば、無償で譲渡し、犬の販売は一切行っていないとか。
ですので生体販売の売上はゼロです。その「里親探し」の活動にもスタッフ1名を配置しているそうで、それは当然全額出費です。
売り上げはグッズの販売とトリミングで作ります。
シュシュの売り上げの4割はペットグッズの販売によるもの。グッズ通販が3割。トリミング事業が3割を稼ぎ出すとか。
生体販売は完全に止めていますが、なんと、
「売り上げも利益もペットの販売をやめてから毎年伸びています」(オーナー)
「ペットを売らないペットショップ」として話題になり、それを支持するペット愛好家たちが来店したり、通信販売で関連商品を買ってくれるそうです。
見事なものです。
飼い主を失ったペットの「里親探し」は、ボランティアさんが担っていることが多いですが、とても大変です。しかしこれなら持続可能性が高いですね。
この位の社会性があれば、立派なソーシャル・ビジネスと言っても良いのではないでしょうか。
また、この位の発想が転換できたことも、経営者としては羨ましく感じてしまいます。
「ペットを売らないペットショップ」
もっと普及して欲しいものだと思います。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.066日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

サムライ

西野ジャパンが劇的に敗退してしばらく経ちますが、今でも話題になるのは、やはり「パス回し」を行った対ポーランド戦ですよね。
皆さんは、どうお考えですか?
FIFA憲章に反している、というのが正論だとは思うのですが、私は批判する気にはなれないです。
だって「一次リーグ突破」という目標・ミッションが設定されていたのですから、監督以下のチームは、それを実際問題として実現する立場にありました。忠実に仕事をしたのだから、気の毒と思います。
私がどうも違和感を抱くのは、目標・ミッションとニックネームの「サムライ」が合致していなかったことです。「サムライ」という言葉は、「義」「勇」「仁」といった言葉と結びついていて、思想性を帯びています。
映画『ラストサムライ』(2003年)に出て来る、不平士族の領袖・渡辺謙さんのイメージですね。この映画のもう一人の主役・トム・クルーズは、元々明治政府に雇われた軍事顧問でしたが、謙さんの精神世界に惚れ込んで、やがて謙さん達が政府への反乱を起こした時、勝ちを見込めないにも関わらず、謙さん側に立って参戦します。
そのイメージをスポーツ選手に充て込むと、「パス回し」はして欲しくなかったということになりますね。「パス回し」してる謙さんなんて、想像できません。この不一致が問題です。
だいたい、「サムライ」って、誰がどういう目的で言い出したんでしょうか。私は存じませんが。おそらく宣伝目的でしょう。
目標・ミッションが、そもそも「勝ちより義・勇・仁」であったら、どうなったのかあ・・・と考えてしまいます。
明治150年、今年は、どうもスポーツの精神面が話題になる年ですね。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.064日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

古いものを大切に

テレビで発見しました。なかなかユニークな工房を。
「工房いにしへ」さんという、陶磁器修復の工房です。
え? 最近このブログで「テレビで発見しました」「ネットで発見しました」が多くないか って?!
うーん、まあ、そうかもしれません。
「ちんや」の精肉売店の「在り方」を考え直さないといけないなあ・・・と思っておりまして、そういう視点で色々見ていると、世の中には面白い商いの仕方をしている人がいるもんだ、と感心します。それでブログにも書いているという次第です。
あるいは、ネット通販の普及で世の中が急速に変わっている中で、対応を打ち出した所が出始めていて、それが目につくのだとも言えるかもですね。
えー、さて話しを戻しまして、その陶磁器修復工房のどこがユニークかと申しますと、
陶磁器の修復を体験する「カラーフィル体験」と、さらに修復に取り組みたい人のための「ワークショップ」「マスターコース」講習会などを開催している点です。
修復って、普通は高度な専門家の仕事だと思いますよね。
しかし、この工房は技術を一般に教えていて、そこで学んだ一般人が自分で、自分の「思い出の品」を治すのです。
言い換えれば、別のベネフィットがそこに在る、ということです。自分の力で、自分のモノを治すという別のベネフィットがそこに在るのです。
「目から鱗」とはこのことだと、私は感心してしまいました。
博物館の収蔵品 や骨董屋さんの売り物であれば、プロが治すのに相応しいでしょう。でも、モノの価値と申すものは色々ありまして、「センチメンタル・バリュー」ともいう価値が付いていることがあります。日本語で言えば、その人だけがわかる「思い出」がモノに付いているということです。
例えば、自分の結婚披露宴で来客に配った引き出物の陶器と同じものを、自分の家でも使っていることが多いですよね。
それが割れてしまったら、プロに治してもらうのも良いですが、自分で治せたら、どれだけ達成感を味わえるでしょう。
これは目から鱗でした。
国宝級の品物でなくても、大切なものは正しく修復・保存して後世に伝えていきたいものです。今どきの、壊れたら→捨てる、古いものは→捨てる、という、世の中の在り方は、まったく間違っています。
「古いものを大切にする心」を拡げて行きたいという、この工房の在り方を、声を大にして称賛したいと思いました。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.062日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

半端ないって

昨年1月「適サシ肉宣言」をした時、商標を獲って→弊社だけの言葉にしてしまうのは、了見が狭いかなあと悩みました。
が、悪徳なフリーライダーが現れることを心配して、結局薬局商標を獲得しました。登録番号は第5980224号、登録日は平成29年9月15日でした。
その後、まったく私と無関係な人が、私の唱えている旨い肉の基準を無視して、「適サシ肉宣言」をしている様子を観ると、やはり登録して良かったと思っています。
今は商標の運用は、このようにしています。
さて、こんな旧い話しを今日持ち出したのは、昨今流行りの
「大迫半端ないって」
の利得が生みの親のサッカー選手には一銭も入らないと聞いたからです。
生みの親とは、高校サッカーで大迫勇也選手の神がかったプレーの前に敗北した、対戦校の中西隆裕さん。その時のセリフが有名な「半端ないって」でした。
その後中西さんは関西大学→三井住友銀行に入って、普通に営業マンとして勤めていて、最近売れまくっている「半端ないってTシャツ」には全く関係ないのだそうです。
得意先との商談でも、「儲かっていいねえ!」と突っ込まれるので、困惑なさっているそうですが、実は4年前から、アカの他人に商標登録されているんだそうです。
もっとも、Tシャツには中西さんの肖像が刷られていますから、商標はダメでも、肖像権を元に多少の請求はできるだろうという話しです。
ひどいね。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.061日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

SDGs

私のエッセイが載った『月刊 経団連』7月号は、このたびの総会で会長に就かれた中西宏明・新体制の特集号でした。
新体制ですから、いつもの号より多く読まれたのかなあ、と在り難く思いました。
私が載っているのは巻末のエッセイで、本文の方は、私にはあんまり関係ないだろうなあは、と思いつつ、せっかくいただいたので一応読んでみますると、メインの標題は、
「Society 5.0の実現によるSDGsの達成への決意を表明!」
でした。
ん?
達成すべきSDGsって、何じゃらほい?
ヤフーでググってみますと(笑い)
「持続可能な開発目標」の略で、2030年までに達成すべきだと国連が決めた17の目標のことだとか。
ああ、「持続可能」ね。それなら聞いたことがありました。最近はCVIDとか何でも4文字にするんですねえ。
さて、そのSDGsですが、料理屋にも関係あると申します。
目標ノ12=つくる責任、つかう責任
目標ノ8=働きがいも経済成長も
に関連して、フードロス(食品ロス)つまりまだ十分に食べられる食べ物が捨てられてしまう問題が挙げらえているのです。
事例として、これを解消するため、週3日の午後だけ店を開き、4種類のパンのみを売って、必ず売り切っている広島県のパン屋さんが知られています。
所謂「捨てないパン屋さん」ですね。
このパン屋さんは、日持ちのしない具材をなくし、国産小麦を使用したシンプルなパンを販売することで、食品ロスを解消し、従業員の労働時間も減らすことに成功したんだとか。
うーん、そういう方もいるんですねえ。
「ちんや」も三日だけ営業するような社会が2030年には来るんでしょうか。わりとすぐだと思いますけど・・・

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.060日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)